Photo Blog ブログ

-32度まで耐えれるブーツ?

2010.01.17

どうテストして何を基準にそう言っているのか分からないけど、“-32度まで対応”というブーツを買ってみました。
暖かいフェルトのインナーブーツ入り、冷たい地面からの冷気侵入防止、雪でも歩きやすいアウトソール、防水の素材…と威力を発揮してくれればかなり助かるんだけど。

boots

別に日本で履くわけじゃないですよ。
再来週から行く旅のために買いました。
次行く場所はチベット文化圏のカムKhamという所。このエリアは標高3,000m以上、一般に1,000m上がるごとに気温は6度下がります。
ということは、ほぼ0mに等しい出発地点の町(日本と同じくらいの寒さ)から気温は18度以上下がることになる。マイナス二桁になるのは確実。

十数年前に行った冬のカナダがそれぐらいだったけど寒さを忘れました。しかもあの頃は元気な19歳。
最近チベット方面にはよく行っているけど、何気に真冬のチベット圏は初めてです。
楽しみな分、辛いことも多いかなと覚悟しています。
2006年の夏過ぎに訪れたカムはすでに雪が降り、部屋内も寒く、道も凍結していました。

kham
                                 凍結していた5,000mの峠

今のうちに出来る限りの装備を揃えておこうと、このブーツをはじめいろいろアイテムを揃えています。
でもまずは足元。足元あったかいと何とかなる気がする!