Photo Blog ブログ

食道楽 in イエメン

2011.03.05

飲み物編に続きイエメンでの食事について。
長いですが根気良くお付き合いください。

一足早くイエメン入りしていた松尾さん(私じゃない)がごり押し?していたサルタ。
さてどんな料理なのかと早速注文。

   

    
ふむ、ぐつぐつと美味しそうな(その時の気温は30度以上)…
熱い、暑いが、確かにウマイ。
野菜やお肉、卵のカレー煮込みといったところか。
秘訣は中に入っているオクラにある。
日本にしかないと思っていたオクラだが原産地はアフリカ北東部なんだそうだ。
このオクラが姿が見えないくらい煮込まれ、いい具合のとろみを付けている。
そして何とも栄養満点。
栄養が偏りがちな旅でありがたい料理だ。
ちなみに160円くらい。

もう一つ絶品だったのがイエメン風ホブス(パン)。
アラビア圏で必ず見かけるホブスだが、イエメンのは特大。
小麦粉を水でこねた物を、油を使い何玉も一緒に潰す。
そしてピッツァ生地のように回しながら、うすーく伸ばしていく。その仕事神業。

    

   
あとは窯で焼く。

   

   
出てきたのがこれ。

   

   
油を使っているので表面はパリパリ。
しかししっとりのところもあり、個人的にはこのしっとり部分を集中的に食べていました(だって一枚全部は食べきれないほどの大きさ)。
一枚約40円。
経済的でお腹一杯になってしかも美味しい。
朝ごはんや車での移動時で食べていました。
ハチミツたらしてくるくる巻いて食べるとまるでクレープのようで激ウマ☆

   

   
レストランなどでホブスを頼むと、お皿もないテーブルにまるで食べ物ではないかのように放られ出てきます。
フランスパン以上に散らかるので食べた後はテーブルがわや。

   

   
でもイエメン人はそんなこと気にしない。と言うか散らかるのが当たり前なんでしょう。
他の物を食べる時もご飯粒こぼしまくってます。
手で食べるとそうなるよなぁ…

   

   
とある日の昼食。
食事するお店も見当たらない小さな村で、私のドライバーと護衛(カラシニコフを持った警官)は売店に入り何やら交渉。
出てきたのはただのご飯。
そして商品棚に並ぶツナ缶を開けご飯にぶっかける。
なんと豪快で質素な昼食…
お前も食べろと言われたので頂いた。これが結構美味しかったんだけどね。

   
さて海の見える町に到着。
海だよー新鮮な魚を食べなくちゃ!
と食欲もないのに無理やり注文。
人のテーブル見て「あれくれ」と頼んだ一品はサイと呼ばれる魚の炭火焼料理。

   

   
何だろ、この魚。
もそもそする…あんま美味しくない。

   
一路ソコトラ島へ。
ここでのドライバーはなんだかやる気のない兄ちゃん。
私をあるビーチまで連れて行くと昼寝を始めた。
ビーチの住人に昼食を頼んでいたけどいっこうに出てこない。
寝るドライバー、姿を消したビーチの住人…こりゃ私も寝るしかない。
と真っ青な海を目の前に真っ白な砂浜でお昼寝。
そうしているうちに住人が諦めていた昼食を持って来た。

   

   
まるでカレー。味もカレー。
普通の味だったけど、外で食べるとやっぱ美味しい。

夕食は島だけに魚。
嫌な予感…

   

   
うん、もそもそだ。
イエメンで魚はもういいな…

    
ソコトラ島から首都サナアに戻り、今度は1週間に渡り車をチャーターし、イエメン南部と西部を攻めることに。
ドライバーは前も登場したムハンマド。
彼はチキンが大好きで、昼食は何でもいいよと言うと必ず鶏の丸焼きがぐるぐる回っているお店に連れて行かれる。

   

   
チキン高っ!
別に驚くようなウマさでもないのに日本並みにする。

   

   
フライドチキン。320円…
もう要らないです。

   
内陸をずっと周っていて再び海の見える町に到着。
早朝、ムハンマドは私を漁港へ連れて行き魚を購入。
その魚を持って港外にあるレストランへ。
これ料理してくれと頼み出てきたのがこれ。

   

   
これも炭火焼。
そしてまたもそもそしていた。
それより朝一からこの食事は濃かった。ムハンマドがおごってくれたけど。

   
この日の昼食、伝統的なイエメン料理を食べたいと言うとフルコースが出てきてしまった。

   

   
食べきれないー。
けど美味しかった。
辛過ぎず、濃すぎず、だいたいどの料理も日本人の口に合うと思います。

でもやっぱ一番美味しいのはサルタだね。
やっと山岳部に入り寒くなったので注文する気になりました。
アルマフウィートという崖の上にある天空都市でサルタ屋に行く。

   

   
これ、イエメンで食べたサルタでNo.1でした。
ジュワーーーという音と共に出てきたあっつあつのサルタ。
付いてくるスープをぶち込みホブスですくいながら食べます。
何だこれはめちゃくちゃ美味しいではないか!
シェフに会わせろとキッチンに侵入。

   

   
ゴォォォーとすごい火力で調理されるサルタ。
キッチンは戦場。

  

   
フロアの窓口から店員がキッチンスタッフに向け
「お前早くしやがれっ!」
と言わんばかりに(予測)怒鳴り声を上げている。
活気があっていいねぇ。

残りの日々サルタonlyでいこうと決心した私。
完全にはまりました。
暑かろうが昼真っからサルタを食べまくりました☆