Photo Blog ブログ

プラントハンター

2011.03.20

さてプラントハンターとは何のことでしょう。

今日の情熱大陸に西畠清順さんという方が出ます。
幕末より続く花や植木の生産卸会社「花宇」の五代目で、希少植物を追って世界を飛び回っておられます。
彼とはイエメンのソコトラ島で会いました。
前もブログに書きましたが、ソコトラ島にはそこにしか生息しない固有種が300種以上あります。

   

    
西畠さんにとってソコトラ島は楽園でしょうね。
目をキラキラさせて、厚さ10cmはあるごっつい植物図鑑を持って朝から晩まで島を駆け回っていました。
まだ30歳だったかな、私より年下で、無邪気でたくましく、そしてオーラを感じる男性でした。
彼の行動につきっきりで同行する番組スタッフもぜいぜいだったと思います。

ほんの少しの間でしたが、ソコトラ島で貴重な出会いをしました。
まさかこの時期にイエメン本土から離れた孤島で日本人に会うと思わなかった。
西畠さんをはじめ、番組スタッフのMさん、フランスから同行したカメラマンMさん、この3人とはソコトラ島で別れを告げたものの、イエメン本土の南の町で劇的な再会をすることになりました。

   

    
首都サナアを離れてからは旅人にまったく会わない日々。
いつもの一人旅モード。
早朝、さー今日も次の町に移動するかと部屋を出てホテルのロビーに降りると、エレベーターからある男性が…
ん?誰だっけ?見たことあるような…数秒後…「あ!!」
なんと、ソコトラ島にいるはず?もしくは日本に帰ったはず?の情熱大陸番組スタッフMさんではないですか(詳しく予定を知らなかった)。
その後エレベーターで降りてきたカメラマンMさん「なんで!?」、最後に降りてきた西畠さん「まじで!?」と私を見て驚いたご様子。
そりゃびっくりするわ。
数ある町の、これまた数あるホテルの中で偶然同じ場所に居合わせたわけだから。
それもその町を去るあと数分というところで。
こういうことってあるんですねぇ。

   
思い出深い出会い、今回の放送を楽しみにしていました。
何より私、情熱大陸という番組が大好きです。
元気になるというか、やる気が出ます。
放送は今夜なのでよかったら見てみてください。

情熱大陸