Photo Blog ブログ

デジタル一眼体験教室 後編

2011.05.25

教室が開かれたのは京橋川沿いにあるオープンカフェCafe REGALO。
風が気持ちいい。
ランチスペースが狭かったという意見もありましたが、私は皆さんと至近距離だったのでやりやすかったです。
しかも講師席という分離されたものはなく、参加者さんに埋もれてたし。
3月の特別講座が開かれたNikon梅田校は、ずら~っと縦長の席が並び、立派過ぎて私には緊張もの。

    
さて、簡単な自己紹介を経てカメラの使い方や設定の話に入りました。
参加者さんの手には貸出機のNikonD3100。
説明してはちょっといじってもらい、進行していたわけですが…想像以上に一つ一つの項目で時間がかかりました。
初心者さんの目線になって分かりやすいように話していたつもりですが、それでも説明の通りにはカメラを操作出来ない方もいらっしゃいまして。
そういう時は一対一で手取り足取り教えていくわけです。
私は近くに座っていた方たちを、あとはスタッフさん5人が手分けして教え歩いていました。
私一人だったら絶対大変だったと思います。
スタッフの方がいて大助かり☆
口頭だけの説明で進行していくより、初心者さんにはこういう教え方が一番いいはず!
それに分からない箇所を一対一で説明して解決していくのが私には楽しかった。

ある女子「(フォーカスポイントが)赤くならないんですけど」
私「あ、電源が入ってないです」
なんてかわいい質問。何でも聞いて (^з^)-☆ と思ってしまいました。

   
昼食も終わり屋外撮影に出掛けました。
皆さんしょっぱなから道端の小さなところまで見ていて、必死にいろんな体勢で写真を撮っていました。
これは意外。もっとずらずらと私の後を付いて周り、写真を撮るのかと思っていましたが。
見事にものの数分で隊はばらけ、振り返って待ってみても合流できませんw
いや~楽しそうで結構!
写真を撮るならこうでなくちゃ。
皆で動くことは諦め(いちを自由行動)、後ろの方はスタッフさんに任せ、私は第一陣と先へ進みました。
人数も減ったせいか、一対一で詳しく教えることが出来ました。
私、こういう教え方(大人数より少人数で手取り足取り)の方が好きだなぁと実感。

時間が経つのがものすごく早くて、あと10分しかない!あと5分しかない!と焦ってみたり。
講師が集合時間をオーバーしてしまい、最後は駆け足でカフェに戻りました。
ここからは参加者さんたちのこれぞという一枚を提出してもらい、講評会。

   

   
がんばって選んでます。
驚くほどいい写真もあり、皆さん初めてなのにしっかり撮れていたように思います。
お子様(3歳?)のピントがずばっと合った写真にびっくり。
中には私のおもろ顔を隠し撮りした人や(会場大笑い)
   
   
こうして教室は終了しました。
最後に「一緒に写真を撮ってください」と言ってくれた女子 ゚+.(・∀・).+゚
「サインください」と色紙を持って来ていた人も (゚◇゚) (初めて色紙にサインしましたw)
うれしかったです。
一人一人ともっと話したかった。

   
参加者さんたちが去った講評会ルーム。
Nikonさんも機材を納め始め何か寂しい。
いつまでも席に座ってサエダさんの若い女子スタッフと雑談していました。
スタッフさんたち片付け終わったのにまだ居るなぁ、いつ帰るんだろう?
のほほーんとそんなことを思いながらぼーっとしていると…しばらくしてはっと気付く。
もしやスタッフさんたち、私が帰らないと(見送らないと)この場を去れないのでは!?
いつまでも長居してすみません、去りますっ!

初心者さん向けの教室、楽しかったです☆