Photo Blog ブログ

生徒さんとの一日 in松山

2011.10.29

行ってきました、愛媛県松山へ!モリカメラさん主催『デジタル一眼体験教室』。
広島から松山へは高速船スーパージェットで1時間15分。あっという間です。

まずはモリカメラさんの担当者さんと教室の屋外撮影で歩くコースの下見。
ゆ〜っくり歩いても20分。さて1時間あるのにこれではまずいと延長コースも探す。
打ち合わせもしてこれでばっちり!
あとは教室の始まる時間までご飯を食べて待機。こういう時はやっぱりおにぎりです。

教室開始30分前から生徒さんがちらほら集まり始め、時間きっかりに全員集合して頂きました。
ここから市民会館にある会議室でカメラの使い方の説明。
実はこの教室では時間の余裕があまりなかったため、スタッフさんも私も心中時間内に終わるかハラハラ。
説明時間では初心者の方々がほとんどなので、思うようには前に進みません。マンツーマンでつきっきりレクチャー出来れば早いのですが。
何とか時間内に説明を終え、屋外へ。

ここからが楽しい時間です。
生徒さん一人一人とお話をしながら、マンツーマンで撮り方などの説明が出来る。
「空をより青くするにはどうしたいいですか?」
「持参したカメラのピントがどうしても合わない」
などなど質問が飛びます 。それを解決して、生徒さんの手応えを感じ喜ぶ顔が見れるとうれしい。

散策コースが足りないのではと心配していたけど何のその。

皆さん、一見何もないようなところでも一生懸命カメラを向けて、被写体を探していました。
スタート地点から10m進むのに15分。
その様を見るのはうれしいですけどね。

道中はカメラの使い方だけではなく世間話も。
女性の参加者さんが多かったのでそうなりますよね。
一昨日イタリアから帰ってきたばかりという人や、お揃いのデジ一を持っていた仲良し三人組や。

さて、気付くと散策予定時間も終盤に。
こりゃ集合場所であるカフェに辿り着かんと、ちょっと生徒さんに急いでもらい、延長コースを回ることなく撮影終了。
実は個人的に今日発見した延長コースがお気に入りだったんですけどね。
またの機会に。

講評会の会場となるカフェは、松山城のお堀そばにある「AMITIE(アミティエ)」さん。
雰囲気のある、女主人?が素敵なカフェでした。

まずは生徒さんに今日撮った中でこれぞという一枚を選んでもらい。

一生懸命選んでいました。
たまたま流し撮りした写真、よく見ると液晶に映っているのは私では!?(家に帰って気づきました)
ベレー帽をかぶっているのが私です(上写真)
そう言えば生徒さんに、今日の教室で質問はありますか?と聞いたところ
「写真家はやっぱりベレー帽なんですか?」
というものがありました。 笑いました。
きっと渡部陽一さんのことでしょう。たまたまですw

写真を選んでもらった後は、ケーキを食べながらひと休憩。
私の海外で撮った写真をテレビ画面に映しながら旅話&写真のお話。
ちょっとマニアックな旅話でも皆さん聞いてくれてうれしかったです。

講評会では驚くほど良い作品もあり、個性的なこだわりを持って撮られている方ありでおもしろかったです。
写真って性格出ますよねぇ。
初対面でもその人が撮った写真を見ると、“あ、この人はこういう人かな?”と、何となく感じる。

時間ちょっとオーバーで教室終了。許容範囲内でしょう!
皆さんとあいさつを交わしてお別れ。名残惜しい気持ちで…
最後に残っていた生徒さんが「僕の作品を見てもらえませんか?」と、大量にプリントして持ってきた写真作品を見せてくれました。
これも性格がうかがえるような優しい写真の数々で、何より写真が好き、もっとうまくなりたいという気持ちがひしひしと伝わってきました。

私も昔は写真をカラーコピーしてファイリングし、周りの人に見せていました。
「すごいねぇ」と言われるのがうれしくて、どんどん写真にのめり込んで。
その青年は、撮った写真を介護の仕事先でおじいちゃんおばあちゃんに見せて、喜んでもらえるのがうれしいと言っていました。
いい話ですねぇ。やっぱり写真にその優しさが現れるわけだ。

そういう気持ちを大切にしなくちゃ!

充実した楽しい教室でした。
失敗点や心残り、気になることもやはりあります。
でも回を重ねるごとに、ちょっとづつ進歩している気がします。
生徒さんが「行って良かった」と 思ってくれればうれしいです☆