Photo Blog ブログ

三段峡

2011.11.10

平日予定が空いたので“今のうちに紅葉を見に行っておこう!”と広島北部にある三段峡に向かいました。
土日はこの時期、相当行楽客でごった返すのだろう。平日は…おじいちゃんおばあちゃんばかり。静かなものです。

朝8:00。
“むすびのむさし”の開店を待ちお弁当を購入。車で2時間かけて三段峡へ。
本当はもっと早く出向いて早朝の光の中で写真を撮りたかったけど、むさしの誘惑には勝てなかった。
お弁当重要。

広島市内近郊の紅葉スポットに比べ、三段峡は北部だけあり紅葉が早いです。
風が強い日だったのと、前日まで降っていた雨の影響で落ち葉がすごい。地面まで色付いていました。

宮島のようなもみじの赤々しさはないものの、辺り一面が紅葉しているという面では、私は宮島より三段峡の方が感動しました。

清流沿いの遊歩道も落ち葉で染まる。

きのこの上に楓が。
これ自分で乗せてないよ。偶然です。
命名“山の神の朝食”

朝食と言えば、手に持っているむさしを早く食べたい。
匂いがプンプンする。
どこか景色のいい場所で…そうだこの先にある“二段滝”で食べよう!

二段滝は安芸太田町観光協会によると“超秘境”らしい。
超秘境…これは誘われる。

二段滝へは遊歩道から清流沿いに小さな渡し船に乗らないと行けない。
高さ15mにそそり立つ岩と岩の狭い隙間を渡し船で進む。その幅わずか3.6m。
水深は7mで、透き通った水の中に巨大な岩が見える。何か恐ろしい生き物が潜んでいてもおかしくない雰囲気。

そうやって着いた二段滝。
過去の集中豪雨で岩壁がはぎ取られ、今は一段になっているとか。
確かに一段。
というか!二段滝周辺では飲食禁止らしいΣ(゚Д゚|||)ナント
ゴミが出るといけないもんね。仕方ない。他の場所を探そう。
とはいえ、遊歩道沿いにはベンチもなく、遊歩道脇には食べれるようなスペースもなく、雨が乾いてないのでそこら中べちゃべちゃ。

湿気が多くじっとりしている三段峡。
コケがすごい。紅葉よりコケばかり見てしまう。
上の写真もわざと葉を置いてないですよ。これも偶然。
しかも地面ではなく、岩肌の垂直面に落ち葉が対になってくっついていたのです。

山を登った峠頂上に小さな石のベンチを発見!初めて見かけたベンチではないか?
ここでお弁当を食べておかないと、この先ずっとないかも。
濡れたベンチにレジャーシートを広げる。
すると、道を登ってきたおばちゃんグループが
「いやぁ疲れた疲れた。ここで座らせてもらうかね」
と、私のベンチを横取り。
なぬー!これから座ろうとしている私を横目に堂々と。。。
いや、でもこんな私でもおばあちゃんたちから見れば若者。
若者待ちます。おばあちゃんたちが休み終わるまで。
おばあちゃんたちの横で立って待つ。
するとおばあちゃんたち、チューブの羊羹を食べ始めた。
長そうだ (-_-)

時は経っておばあちゃんたちはやっとその重い腰を上げる。
「今からお弁当を食べようと思っとったんよね?ごめんねぇ」
と去って行く。分かっていたのか。分かっていてそのベンチに座ったのか。
さすがだ。
ニコッと挨拶を交わして別れる。

やっとご飯じゃー!
アウトドアには欠かせないむさしのむすび。おかかと昆布×2。
相変わらず美味しいなぁ。

この日はもう一品。

セブンのみたらし団子。140円で4串入り。
結構柔らかくて美味しかった。
こういう所では和菓子だねぇ☆

用事は済んだ。
紅葉見て、歩いて、むさし食べて。
だけど三段峡随一の景勝地である三段滝を見ていないので、とりあえずもう少し歩くことにする。

三脚構えて写真を撮っているおじさんたちの横で、カメラ一つの私は申し訳なさそうに撮影。
1/6秒。三脚なくても結構撮れるものだ。
おじさんたちの力作見たらそうとは言えないかもね。

もう一回くらい紅葉を見に行けたらいいな〜

子供の考えること

2011.11.08

さっき妹に用事があって電話した。
電話の向こうで姪(7歳)が「(電話)変わってー」と叫んでいる。
あ、いつもの“○○が欲しい”というおねだりかと思ったら

姪「純ちゃん?」
私「どしたん?」
姪「今ひまじゃけーね、じーっと壁を見よった。」
私「壁見よったんw」
姪「壁を見よったら扉に見えてきた。中に入ってみたいなーと思った。」
私「おもしろいねぇw」
姪「次は電気を見たらお菓子の国に見えたけーね、扉がお菓子の国の入口だと思った。」

壁をじーっと見ている様を想像したらおもしろかった。
姪は幼い頃から、話しかけても空ばかり見てる不思議な子だった。それとも子供はそんなものなのか。

私の妹はシングルマザーで、イタリアンの料理人をしながら子供を育てている。
その妹と子供たち(トウタ10歳♂、ヒナタ7歳♀)の会話。

妹「あの友達はマンションに住んどるけ、お金持ちなんかね。お母さんの家は貧乏じゃね」
トウタ「でも貧乏でお金なくても好きな仕事して楽しく笑っておれればいいんよ。」
妹感動。
妹「ヒナタはどっちがいいいん?」
ヒナタ「。。。金っ!!!」
(-_-)チーン

なんて優しいトウタ。トウタがまだ6歳か、幼い頃に、疲れていた妹に言った言葉
トウタ「お母さん、大丈夫よ!トウタがセブンイレブンで働くけんっ!」
なぜセブンイレブンw でも母親思いの本当に優しい子。
それに比べて私利私欲の塊であるヒナタ。その言動はおもしろいが。


                                

bTibet XI〜初心者向けチベットセミナー〜

2011.11.01

今日はMMBAの事務所に行って来ました。
ダライ・ラマ法王来日でお忙しいご様子。
5日からは東北なのだそうです。

ダライ・ラマ法王は来広されませんが、広島の宮島・大聖院でMMBA主催のイベントがあります。
11月19日には「bTibet XI」初心者向けチベットセミナー。入場無料。
11月20日〜23日 の間はチベット密教祭。

何と言ってもフライヤーの写真がいい!(自画自賛)

東京でも同じセミナーあり。

私も行こうかなぁ。秋の宮島は紅葉が綺麗だし☆
セミナーなどイベントの詳しい情報は
MMBAのサイトにて。

2 / 212