Photo Blog ブログ

冬のラダックへ

2012.02.14

出発一日前に少々焦り気味で荷造りをしました。
何とか終わったけど・・・バックパックから荷があふれています。
やっぱ冬の寝袋があるとかさばります。さて、どうまとめようか・・・

今回の行き先は3度目となるラダックです。



今まで夏にしか訪れたことがないので、冬の風景が見れるのは楽しみです♪
浮かれていられないくらい極寒でしょうが。


本当は地図下部にあるSpitiスピティというエリアに行くはずでした。
しかしながら、デリー在住の知人である高僧と連絡を取り、彼がSpitiの王?(メールには英語でPrince of Spiti と書いてあった )に連絡を取ってくれ、撮影には夏時期がいいだろうということで、今回は方向を変えました。
Spitiの王に言われちゃーね・・・

でも、前々から真冬のラダックも見てみたかった。

ラダックに通じる5000mの峠道は積雪のため閉鎖され、アクセスは小型飛行機しかありません。
そのフライトもかなり欠航率が高いようで。
極寒と合わさって交通の便も悪いからそりゃ来る人は少ないでしょう。
でも冬のラダックは本当に綺麗だよ、と現地人からよく言われていました。
冷たくクリアな空気、濃青の空を想像するとぞくぞくします。



時期を2月にしたのはラダックでドスモチェという農事新年の豊作を祝う祭りがあるからです。
ラダックとはあまり関係がないようですが、チベット暦の新年も今月22日。
その年末から(または新年から?)ゴチャックが行われるという情報も入手しました。
五体投地で寺院などに向かう巡礼です。



冬はチベット人たちにとって仕事もないので巡礼シーズンとは知っていましたが、ラダックでもそのような行いがあるとは知りませんでした。
祭りよりすっかりそちらに気持ちが向いています。

よい出会いがありますように。