Photo Blog ブログ

ハラ・マタ

2012.07.31

美味しい枝豆の茹で方を発見しました。いや、正確にはネットで見つけました。
一人で軽くどんぶりいっぱいくらい食べてしまいます。固茹でなのでお腹いっぱいになりますわー。


ところで豆繋がりですが、スピティ・キノールではハラ・マタ(グリーンピース)がちょうど収穫時期でした。
標高約4,000mの高地では農作物が乏し、茶褐色の大地に見られる緑は、ツァンパ(裸麦の一種)かハラ・マタのどちらかでした。
スピティのハラ・マタは美味しいとインドでも有名で、キノールでも採れますがやはりスピティ産のものの方が良質なのだそうです。
パンパンに膨らんだサヤの中には実がぎっしり詰まり、とても瑞々しく歯ごたえがあります。



これを生で食べたりもします。
日本ではあまり生では食べないですよね?出会った欧米人は、自分のお国では生でも食べると言っていました。
もちろんスピティアンも。
最初は「生で!?」と驚きましたが、これが何と美味しいこと!
びっくりするくらい甘くて、まるでフルーツのようでした。

野菜も果物もろくに食べられないスピティでは、ハラ・マタは貴重な栄養源でした。
ビタミンや食物繊維に優れているとか。
体にいいし美味しいし、しかも安い。

1kgで40Rs(60円)です。
下の写真は一袋で55kgあるそうで、計算すると2200Rs(3300円)。



これを自分たちでももちろん食べますが、シムラやチャンディガル、デリーなどに出荷するそうです。
デリーなどでは1kgいくらするのでしょうね。きっと高いと思います。
それにきっとしなびてしまっていると思います。

やはり現地で採れたてを食べるのが一番。
畑にお邪魔すると、ズボンのポケットいっぱいに、入らずこぼれ落ちるくらいハラ・マタをくれます。
それを移動中の車中のおやつにしていました。
車の窓を開けて、スピティの風に吹かれながら、ぼりぼり食べていました。
その瞬間が最高に幸せでした。



夏、スピティに行くならハラ・マタを食べるのはmustです!