Photo Blog ブログ

宮島・尾道撮影ツアー 下見

2012.10.16

遅くなりましたが、フジトラベル様主催・モリカメラ様協賛で行われた撮影ツアーについての報告です。

ツアー5日前にスタッフさんたちと下見へ。
わざわざ愛媛から車を飛ばして来てくださいました。

まずは当日とは逆コース、尾道から。



千光寺に車で上り、そこから歩いて階段道を撮影するコースを周りました。
道中、スタッフさんたちも皆一眼レフを持っているので時間がかかってかかってw
こんなんでは当日やばい!ということで、いかに撮影時間を短縮させるか、その中でも充実感を味わってもらうにはと試行錯誤。
歩きまくって尾道の時点でヘトヘトでした。


ここは気合いで!宮島へ。
朝から下見を始めていたのにすでに16時!
日が傾き始めていました。急がなくちゃ。



急がなくちゃいけないのにやっぱり写真を撮る事に夢中。
私の後ろに居るのはフジトラベルの担当者Yさん。若い!
写真を始め、ご自身も学ぶ意欲満々の時期のようです。



今回の一押しの撮影スポット。
五重塔への上り口。
天気も晴れて、斜光がなんと美しいこと。
何を撮ってもメリハリが効いて最高!
当日もこれくらい光が出てくれると、写真を楽しんでもらえるのにな~。



フジトラベルのYさん、モリカメラ店長のおふた方も写真に夢中。



そんな皆さんを撮っている私を実は撮られていた・・・



まだ紅葉はしていないので、当日のお弁当タイムはもみじ谷をやめ、ここ五重塔に決定!
千畳閣もおもしろいし、きっと楽しんでもらえるでしょう!
後はもう一つの穴場、町家通りを抜けて帰りました。

港に着いたのは18時、真っ暗。
お疲れ様でした!

撮影ツアー当日に続く~。



Flame of Truth ~真実の炎~

2012.10.14



チベット人の焼身自殺は50人を超えています。

今一度、チベットのことを見つめ直してもらいたい

“真実の炎”リレーは世界中をめぐり、たくさんの人の署名を集め、この冬に国連に提出されます。



欧米やアジアを回って来たリレーが広島にもやって来ました。



そう、原爆ドームに。



僧侶さんたちが祈りを捧げます。

今チベットに何が起きているか知っていますか。
なぜチベット人が自ら命をたっているか。
恐ろしくて悲しい現実です。




ダライ・ラマ法王日本代表部事務所の代表、ラクパ・ツォコさんが来広されました。
ダライ・ラマ法王の講演で、ステージ上にいつもお見かけする方です。



焼身自殺について、現在チベットが抱える問題について、スピーチをしてくださいました。



通りがかりの人が、ちょっと気になって、足をとめる。
外国人が、若いカップルが、今回の広島アピールに目を向けていました。
例え詳しいことが分からなくても、そこから第一歩が始まる気がします。



“真実の炎”リレーはこの後も日本を回り、世界をめぐる。
この日原爆ドーム前で集まった数枚かもしれない署名もまた、世界中の署名と合わさり膨大な数となり、世界人権デーである12月10日に国連に提出されます。



国連のチベット問題への介入、国際社会のチベットへの関心を願って。



ネットからも署名をすることが出来ます。
下のリンク先画像をクリック↓↓↓



一人ひとりの行動が大きなものになると信じて。



チベット入境情報

2012.10.10

久しぶりにカイラスへ行きたいと思い立ち、成都に連絡を取りました。
すると、チベットは現在まだ外国人に再開されておらず、今年の11月より再開する予定だと返信がきました。

この情報だけでは頼りないので、別のルートで後日確認を取ったところ、また新たな急展開が。

上記のように、一度は再開すると言われていたのですが、昨日の朝(2012年10月9日)になって、中央政府からチベット自治区旅游局(TTB)に入境許可証(パーミット)発行の停止が告げられたようです。
全ての外国人に対し、10月、11月はパーミットが発行されません。
今のところは。

ただ、中国のこと。いつ状況が変わるか分かりません。明日には急変していることもあると思います。
現在の情報として載せておきます。
チベット行きを考えられている方、諦めることはないと思いますが、近況に目を光らせておく必要がありそうです。



極奥の充足

2012.10.04

JAグループ発行の“地上(2012年11月号)”にコラムを掲載しています。
「極奥の充足」



7月に訪れたスピティの紀行文です。
もっとクリアに見たい方はぜひお近くのJAへ!

こちらからも入手できます↓↓↓
家の光ネット “地上(2012年11月号)”


2 / 212