Photo Blog ブログ

三滝荘

2012.11.06

私の生まれ育った三滝に、古い旅館がありました。
よくつぶれないなと子供心に思っていましたが、今や広島一と言っても過言ではない、おしゃれな結婚式場に変わりました。

三滝荘

そこで先月友人が結婚式を挙げました☆



本当にきれいでした。
よく笑う子で、みんな彼女の笑顔から幸せをもらったと思います。


ところで、この三滝荘。
あまりのおしゃれっぷりに、式当日だけでは満喫できないと、後日女だらけでランチに行って来ました。



三滝荘は開業は1946年。
近くに住んでいて知らなかったのも恥ずかしい話ですが、高級料亭として名だたる要人をもてなしてきたすごい所だったんです。
マリリン・モンロー、ジョー・ディマジオ、ゴルバチョフ大統領、皇族の方々 etc

その際のセキュリティの厳しさったら半端なかったらしいです。
お米の一粒一粒までチェックし、その後竹筒で炊いて・・・

というか、そんなすごい人たちが広島に、それも三滝に来ていたとはびっくりです。



昔ながらの日本独自の建築技術をそのままに、モダンなテイストをミックスさせて、とても上品で情緒があります。
老舗の風格がぷんぷん匂います。




三滝荘は、平日はレストランとして利用することが出来ます。
とは言ってもそんなに安くはないですよ。
ランチで、3500円、5000円、8000円のコースになります。



車で行っていたのでノンアルコールで。
シャンパンみたいだけど、これもノンアルコール。おしゃれ。

さて、私たちが選んだのは3500円のお気軽御膳。
季節感を感じる盛りだくさんの一品目でした。
こういうちょこちょこいっぱいってのが女心をくすぐりますよね♡



お料理の演出がうれしいです。

デザートの前にもちょいちょい出てきて、いい感じに腹八分目☆



三滝荘には関係ないことですが、私が写真の仕事で現在抱えているコラムを友人たちにチェックしてもらっていますw

昔からこの二人にはお世話になっています・・・一人では何も出来ない私 (-_-)



ここの文章がどうのこうのと、意見を交わし合い、食事も終わったのにレストランに居座ってしまいました。



前面ガラス張りのダイニングなので、日本庭園を見ながら、開放的な空間で食事をすることが出来ました。

さて、お次は、気になっていた喫煙室へ。
タバコを吸うためではないですよ。



この喫煙室は以前料亭旅館だった頃、一室まるまる金庫だったそうです。
何やら絶対火事にならない造りなのだとか。
今では廊下の脇にひっそりと、申し訳なさそうにしていますが・・・もったいないですね。



さてさて、金庫室の前での雑談も終え、次は三滝荘が誇る美しい日本庭園へ。




庭園にそびえるもみの樹は樹齢450年だそうです。
50mm単焦点一本で出掛けたのでもみの樹の全貌が写りません!

それにしても450年って。織田信長の時代ですよ。
もちろん広島に落とされた原爆にも耐えた樹ということです。
三滝に住んでいた私のおじいちゃんから、その当時の風景をよく聞いていましたが、まさか生き残っていた樹があったなんて。


何だか食事をしに行っただけなのに、いろいろ勉強にもなったし、かなり楽しませてもらいました。

ランチ時を過ぎた三滝荘はとても静かでした。
夕方のような綺麗な光。




日本の美あり、歴史あり。
太陽の光と、館内の光と陰。こりゃ、生徒さん連れてここで撮影会したら楽しそうだ。


2 / 212