Photo Blog ブログ

崑崙山脈をゆく

2013.04.11

2007年、チベット入りした時に通った崑崙山脈。




旅の空

2013.04.10

こんなことがあった。

遠くに見える不思議な雲の風景。私たちが乗った車はそっちへ向かっている。
私は遊牧民育ちの運転手に
「そろそろ雨が降るよね?」と言うと、
「降らないよ」と返された。
あれ~おかしいなぁ、私の経験ではああいう雲の下は雨が降ってるんだけどなぁ・・・

と十数分後、
雨が降リ始めた。
自分に自信が持てた瞬間だった。



氷上のヤク

2013.04.09

最近は過去の写真をひっくり返す機会が多く、ボツフォルダをよく開く。
時間が経てば写真を見る目も変わりますね。

カムの冬、色達(セルタ)にて。寒かったなー


※クリックで拡大できます


桜と凧揚げ

2013.04.05

竹下桜を見に湯来町に行って来ました。
でも、撮影ツアーが来ていて一眼だらけだったので場所を変えました。
名もなき湯の山の小さな公園。



誰もいなくて静かだった。
竹下桜はあんなにたくさんの人たちに写真を撮られているのに、ここの桜は一番美しい時にいったいどれだけの人に見られているのだろう。



いつもこういう所に出向く時は、むさしのむすびと決まっているけど、今回は噂の仁多屋でお弁当を買ってみた。
まず、むすびを5つと・・・



牛飯弁当。



牛肉の脂が美味しいこと。
ご飯粒も美味しい。さすが高級米・仁多米。
でもやっぱりむさしが好きかも。
あの包みの香りは麻薬だよね。今度は浮気せずにむさしで。

音楽かけながら、お弁当食べて、レジャーシートの上でごろごろ。




今回のお菓子はみたらし団子。
実は道中あんぱんも食べていた。
こういう時は和菓子よねぇ。



仁多屋のみたらし団子。一本160円もするけど、すごく大きくてもちもち。
時間が経ってもちもち。



帰り道、車の窓越しに凧揚げをしているおばあちゃんと子供たちを発見。
一度は通り過ぎたけど、気になるでしょと、旦那様がUターンしてくれた。
だいたい私が何に惹かれるか分かっておいでです。



おばあちゃんとお孫さんたちはニコニコと、快く写真を撮らせてくれた。
風を吹くのを待って凧を揚げる。
当たり前のことなのになんだかとても感動した。

絡まった凧糸をほどく、おばあちゃんの凧さばきが見事なこと。
こんなおばあちゃんになりたい。



チベット再開

2013.04.02

チベットのパーミットの発給が再開されたとの噂を聞きました。



去年10、11月にはパーミットの申請停止で、全ての外国人がチベットに入れなくなり、
12月には日本人だけチベットの出入りが出来なくなり、
毎年3月は申請停止の時期であり・・・

やっと、再開されたわけです。

現在海外放浪中の友人から聞いた話、最近はチベットへ行きたいという旅人を聞かなくなったそうです。
いつまで足止めされるか分からない状況だし、お金も相当かかるようになったので、仕方ないというか、分かる気もします。
が、寂しいことですね。

あんなに素晴らしいところなのに。



2 / 212