Photo Blog ブログ

謎の建造物

2014.03.21

キルギスにある石の建造物“タシュ・ラバト”。

標高約3,500mの山間に身を隠すように建っています。
10~15世紀に建てられ、当時の中央アジアでは最大の石造建築だったらしいです。
でもこれが何の建物だったのか未だに解明されておらず、シルクロードの貿易ルート上にあったことからキャラバンの隊商宿だったとか、天候や盗賊から守るための場所だったとか、キリスト教の修道院、礼拝をする場所など、様々なことが言われています。



実際行ってみて中に入り、外見よりも内部が広いのに驚きました。これは丘の中腹に埋め込まれるように建てられているため。
暗がりに約30もの小さな部屋があり、地下10mの所に地下牢獄もあります。
そして、この丘陵地帯の下には、丘の反対側にある監視所まで約100mものトンネルがあるという話も。

ミステリアスです。