Photo Blog ブログ

遊牧民の血

2014.11.05

11月のカレンダー写真。
キルギスのソン・クル(湖)で撮った一枚。

夏、遊牧民は牧草を求めて、標高3,000mのこのソン・クルにやって来ます。その短い夏ももう終わり、寒い寒い冬がやってくる、そんな雰囲気を感じます。
キルギスは元々遊牧大国です。かつては皆草原で暮らしていたんでしょう。
最近は町へ移住する人も多いのですが、そんな人たちも週末になると、知り合いの遊牧民を頼って草原でピクニックをしたり、テント生活をゆっくり楽しむ風景を見かけました。
あーやっと自分たちのいるべき所に帰って来たー!と言わんばかりにのびのびゴロゴロwしていました。
町ではご飯を残すのに、草原で食べる乳製品はがつがつ頬張っていたり。
遊牧民の血が流れているんですねぇ☆



聖湖&正直村へ

2014.11.01

季節を変えて、何度ここへ行くのでしょう。
聖湖。
旦那としか行ったことがなかったのですが、この日は友達を連れて。
皆ここへ来るのは初めてのようで



きれいだきれいだと大興奮でした。
こんなとこあるんだねぇと。
車で1時間ちょい北部に走れば、こんな大自然に来れる。
幸せですね。



聖湖を満喫したところで、お昼ご飯。
キャンプサイトへ戻り、持ち寄ったお弁当を食べました。
ノンアルビールで乾杯して。



1歳ちょいの我が息子(右)と、1歳前の友達の子供。
一丁前にアウトドアチェアに座って、かわいいこと。



まだ10月でしたが、北部はすっかり紅葉していました。



太陽に当たっていればそこまで寒くなく、いつまでも居れそうなほど気持ちいい。



カメラマンやってると自分が写らないもので、貴重な息子とのツーショット。



紅葉の中でのツーショットを撮れて満足満足。
息子も少しは紅葉を満喫しただろうか。



友達親子。
裸足で落ち葉と芝生の上を這いずってました。
自然の子。そうさせてるお母さんが素敵。




聖湖キャンプ場から、向かいの湖畔にある正直村へ。
ここも今年の夏来てからお気に入りの場所。



皆もすごく楽しんでくれたようで。
連れて行って良かったです。
心の中で、そうでしょ!きれいでしょ!楽しいでしょ!と得意げでした。

自然を見ることって、必要ですよね。



2 / 212