Photo Blog ブログ

チロル散歩

2015.06.18

ドイツアルプスの田舎町ミッテンヴァルトから国境を越えてオーストリアへ。
今日も電車でごとごと。
チロル地方の雄大な山々やのどかな農村風景を見ながら目がうつろに。
うとうと、かくかく・・・ご就寝



北チロル州の州都インスブルックに到着。
大都市を思わせるようなインスブルックという名前ですが、チロル州というかわいい名前も相まって、勝手におとぎ話のような田舎街を想像していました。
しかし、到着早々駅から近代的でした。



街の背景の山に迫力がありました。
ホテルに荷物を置いて街歩き。

ところでこちらは朝着いても用意が出来ていればチェックインさせてくれます。
きちきちした日本とは違いますね。



予定もないのでゆ~くりぶらぶら。



かわいいものを探してパシャパシャ。
旦那はその間走り回る息子に奮闘。
私はカメラを持つと子育てを放棄しがちw



旧市街は石造りの歴史的な建物が立ち並びます。



惹かれるままに路地裏をうろうろ。



パステル調の建物がかわいい。



さー明日からはいよいよイタリアです。
イタリア北部のとある村へ。
子供の頃の夢が叶います。
乞うご期待。


アルプスの小さな町

2015.06.17

ガルミッシュ・パルテンキルヒェンでドイツの最高峰を見た後は再び電車でごとごと。
今夜の宿泊地へ。



小さなアルプス麓の田舎町“ミッテンヴァルト”。
すごく楽しみにしていた場所。
まずアルプス山中にあるということ、そして静かな田舎町だということ。



家族経営のペンションちっくなお宿に荷物を置いて、早速お散歩へ。



電車や抱っこひもで自由を束縛されていた息子、ストレス発散。
奇声を上げて大喜びです。



あっちへこっちへ追いかけるのが大変で、ゆっくり風景を満喫するどころではありませんでした。
もっと山を眺めながらぼーっとしたかったです。
子連れ旅の宿命ですかね。

でも、息子が楽しそうだったので良かったとしよう。
ミッテンヴァルト=息子がうれしそうに走り回っていた
そんな思い出の地になりました。



愛情いっぱいケーキ

ばあばの誕生日でした。



甥と姪がケーキ作り。料理人の妹の子供だけあって手つきが慣れている。



初めてデコレーションしたのにささっと作る。「お母さんが作りよるのを見たことがある」ってさ。
見ただけで何となく出来る子供ってすごい。



私の息子は見てるだけ。食べる専門。




姪は「ばあばを愛しとる」と結構口にする。ばあばの誕生日、幸せそうでした。



電車オタク

2015.06.16

電車の音がすると窓際に走る息子。声を上げて指を差して毎回興奮する。
その時の瞳といったらそれはそれはキラキラしていて。
私の兄も小さい頃から電車が大好きで、現在も撮り鉄だが、母いわく、ここまでではなかったらしい。
息子よ、どこを目指すのか・・・



半年前の写真

2015.06.14

友達の写真家が撮影で来広したので、送り迎えする合間にしっかり家族写真撮ってもらいました。
半年前に・・・
いつも撮る側なので、自分入りの家族写真は貴重。

また来てね。そしてまた撮ってね。