Photo Blog ブログ

砂の大地

2018.01.11

2018年のカレンダーは“鷹匠と遊牧民の春の移動”を時系列に選びました。
1月のカレンダー写真。移動前の冬の暮らしから一枚。
モンゴル最西部のバヤン・ウルギー県は鷹匠文化が残る地域で有名ですが、その中でもサクサイ村は20人ほどの鷹匠が現役で活動しています。
鷹匠の子供も遊牧民の子供も村の子供も、変わりなく、3歳で馬に乗り5歳で祭りで行われる競馬に出ます。いい成績を残し表彰されることは名誉であり、賞を取った馬は高く売れるそうです。
子供たちが村郊外で祭りに向け練習をしていました。広大な砂の大地と豆粒の人間。子供たちが走らせる馬が砂煙をあげながら、遠く設置されたスタート地点に向かっていました。
スケールが半端ない風景でした☆