Photo Blog ブログ

アースハンモック

2018.08.27

でこぼこした不思議な地形。耳の不自由な鷹匠が、村から離れてぽつんとここで暮らしていました。
どうしてこんな大地になるのか、写真展でお客様からよく聞かれます。専門家がご来場くださいましたので教えてもらいました☆
これはアースハンモックと呼ばれる地形で、地面が凍ったり溶けたりするとこのような地形になるそうです。
いろいろ調べると、起状内部には粘質土や水が多く含まれ、それが凍って地面が盛り上がり、年々それを重ねてこうなると。
私が訪れたのが冬ですから、地面はそれなりに硬かったですが、凍った内部が溶けるあたたかい季節は、ここはふかふかなのでしょうか…
百聞は一見にしかず。また違う季節に訪れてみます☺︎