Photo Blog ブログ

世界で二番目の星空

2019.07.12

先週まで訪れていたインドヒマラヤのチャンタン高原。チベット国境エリアは今年4月に外国人に対して入境が許されたばかりの土地。その中心部、ハンレには、世界で二番目に大きな天体観測所があります(一位はチリの砂漠)。
世界でも星空を見るのにこんなうってつけの場所はない。4,000mを超える空気の澄んだ高地、360度開けた土地にはポツポツと民家があるだけ。
そのみんなが、夜になると観測の邪魔にならないようにカーテンを閉めるそうです。

このハンレには、手前の村でチェックポストがあり、パスポートを預けて入るので、ハンレ自体には泊まれず、夜も拝めず、という当初のお話でした。
が、なぜか、私たちはパスポートを回収されなかった。ん?これってどういうこと?もしや、もしや…
村で様子を伺い、なんと泊まれることにー!これって日本人初だし、外国人でもそういないのでは。興奮してよだれものでした。
写っている建物は、この土地にとってとても大切なハンレ・ゴンパ(お寺)です。
新月間近という好機も重なり、辺りは真っっ暗。見上げると、嘘みたいな星空でした。星がこんなにあるなんて☆