Photo Blog ブログ

イシという灯明

2019.09.23

友人が念願の本を出版しました。
焼身自殺で命を失ったチベット青年の思いを形にした本。

著者の友人とは、西チベットのカイラスにも一緒に行ったり、亡命チベット人の手紙をラサにいる身内に届けたり、いろいろな現場を共にしてきました。
自由のない生活を強いられ、会いたい人にも会えず、涙を流すチベット人に、二人で言葉を失ったこともあった。あの時の思いは本当に忘れられない。
だけど、友人はその後も焼身自殺をした青年の足跡を追う中で、もっとたくさんの涙を目にしてきた。それがこうして一冊の本になった。

人としての自由を訴え、自らに火をつけ、世界に助けを求めたチベット人たち。なのに彼らの生活は何も変わらない。世界は中国のやっていることを変えられない…
もっとチベットのことを知ってほしい。
みなさん、ぜひ読んでみてください。私も昨日手にしたばかりなので、これから丁寧に読みたいと思います!