Photo Blog ブログ

なぜ花見は桜なのか

2010.04.10

最近へぇ~と思ったこと。
なぜ花見は桜なのか、梅でもなければ桃の花でもなく。
それは桜の花が他に比べて倍近くも下を向いて咲くからだそうだ。
下にいればきれいに花を見上げることが出来るというわけだ。
全然気付かなかった。いつもお酒に飲まれて…。
ちなみに上を向いて咲く桜は10分の一だって~。

sakura2

          

カムが閉鎖

2010.04.09

私が2月に旅した中国四川省にあるチベット圏・カム。
3
月以降にチベット自治区の旅が規制され外国人は入境禁止になり、それと同時にカムも閉鎖された。
要はいっさい旅行が出来なくなってしまった。

4月からラサなどの旅はパーミット(許可証)を取れば入れるようになったが、カムは引き続き戒厳令がしかれている。
今のところ交通機関で行くことが可能なのは康定と丹巴のみ。カムの入口に過ぎない漢民族の町。
この先は検問で荷物を隅から隅までチェックされ、成都もしくは西寧に強制送還とのこと。

kham_map4

 
確かにカムパ(カムの男たち)によるトラブルが耐えないエリアだった。目を付けられてもおかしくない。
旅している時に、日に日に検問が厳しくなっていくのを感じた。
でもきっと今回の閉鎖は5月から始まる上海万博が関係していると思う。
多くの外国人が中国を訪れるために、チベットエリアでの警戒を強めているのだろう。
アムド方面の情報はまだ聞いてないけど、カム同様厳しく規制されそうだ。

               

日本の春

2010.04.07

行楽地は花見客で大渋滞。
昼前出掛けても見れるのは夜桜、そうなりかねない。
そんな混み混み嫌だー。一本でも桜の木が生えてればいいや。
どこか田舎の誰もいないところへ行こう!

知人のお墓まいりもあり山口の小郡に行って来ました。
お墓参りの後、どこか花見するのにいい場所はないかあてもなく車でフラフラ。
土地勘のまったくない場所なので、桜の木を目指してもいっこうに辿り着けず道に迷う。
そんなことを繰り返していたら海に出ちゃった。
さすがに海沿いに桜の木はないか〜…と思っていたら小さな公園に桜の木を発見。
誰もいない。車も通り過ぎない。
公園は海まで数メートルの距離にあり、敷地内には古い小さな神社が建っていました。

ここいいじゃん。
レジャーシートを広げて持参したむさしのむすびを食べる。
風が強くてご飯粒が髪に付いて落ち着きなかったけど、やっぱおいしい!
青々としたのどかな瀬戸内海、天気が良くて海面が太陽の光でキラキラしてる。
桜はけなげに薄ピンクに色付いて満開。
この淡い色、日本の春だねぇ〜

sakura1

むさしのむすび

2010.04.06

日曜日、花見をするならこの日しかない!と言わんばかりに快晴。
これはむさしのむすびを持ってどこかに行かないと!
ということで出掛けることにした。
ふと、この花見時期、むさしは長蛇の列ではないのか?と気になる。
そうだ、電話で予約しとこう♪

まずは家の近くの三滝店にかける。
プープープー…電話中。いくらかけても電話中(もしかして皆電話してるのか?)
大きな土橋店にかけてみる。
「今日の電話予約は終了したんですよ。直接お店に来ていただくしか…」
「店だとどれくらい待つようですか?」
「一時間くらいですかねぇ。」

がーん。
じゃあいいですと、横川店にかける。
電話中。
再び三滝店、電話中。 再び横川店、電話中。 再び三滝店(意地)
「電話予約大丈夫ですよ。何弁当ですか?」
「俵むすびなんですけど…」
「あ~それだと2時間くらい待ってもらわないと…」
がーーん。むすびに2時間待ち!?どんだけ混んでるんだっ。

これは花見場所から離れたむさしに行くしかないと、町中にある胡町店にかける。
「はい、大丈夫です。お待ちしております!」
やったー何とかむさしゲット!
胡町店に着くと店前には弁当を求める人たちの群れが…
恐るべしむさしっ!
や~でもよかったよかった、危うくむさしを食べ損ねるところだった。

肝心の花見はまた次回♪

musubi
花見なのになぜか海…

             

納豆の美味しい食べ方

2010.04.05

納豆大好き☆
最近はまっている納豆の食べ方。

納豆+オリーブオイル+塩・ブラックペッパー(タレとからしはかけない)

nattou

 

これを単品で食べます。
ひたすらずるずると。
何気なく美味しい。
ついついもう1パックと手が伸び気付いたら4パック…。
いくら体にいいとは言え食べ過ぎかな。

私はオリーブオイルが好きなのでたっぷりかけます。
塩・ブラックペッパーはちょっとで効きます、かけ過ぎ注意。

ぜひお試しあれ~