Photo Blog ブログ

2011年に向けて

2010.07.24

まだ2010年半ばで何を言い出すかと言うと、2011年のカレンダー製作を早々に始めました。
今年の夏は忙しくなりそうなので、今のうちから (`・д・´)ノ

今年のカレンダーは“チベット”の写真ばかりでしたが、次作のテーマはがらっと変えました。
とは言っても世界で撮った写真です。

お楽しみに♪

印刷会社と色校正のやり取りを繰り返してちょっと気が狂いそうです(≧◇≦)

calendar2011-irokou4

  
8月中旬からネットショップにて販売予定です!

   

包丁GET!

2010.07.21

先日書いたショック話ですが…

コメントしてくれた友人の一言
「まだ聞いてみたら間に合うかも!」
それはそうだ(゚◇゚)!!!キヅカナカッタ

慌ててゴミ箱をあさりました。
生ゴミにまみれたシールシートには卵の殻がべったり。
水洗いしてスーパーに電話をかけてみる。

「包丁の交換なんですけど、12日まででもう過ぎてますよね?」(この日は16日)
すると
「いちを20日までは出来ますので」
マジっ(゜ロ゜)!!!
いちをって何!?
ま、いっか。やったー(o≧∇≦)o

即効チャリでスーパーに向かいました。

ということでGETしました包丁!

kitchen-knife-1

   
光ってます☆
よく切れるでしょーよ。

  
包丁を手に入れて調子に乗った私は、新たなキャンペーンのシール集めを始めました(単純)。

見よ、あと1枚ヽ(〃’▽’〃)ノ☆

happy-campaign

   
目指すは温泉か商品券!

   

私の写真展ではありませんが

2010.07.19

先日旅友から写真展のDMが届きました。

ikigakireru-wakusei

  
インド最北部にあるラダックの写真展です。

直未知 写真展 「息が切れる惑星 ラダック」 
≪インド北部にあるというリトル・チベット=惑星ラダック。 デリーからロケットバスに揺られ、窓に頭を打ち付けること30時間、 5000mの峠をいくつか越え、降り立ったその星で待っていたのは…≫ 

  
直未知とはまさにその5,000mの峠で会いました。
彼はチャリで峠越えをしていました。私は一人でジープをチャーター。
お互い何者だ?と警戒しながら、日本人とも分からずに英語で挨拶して。。。
その時のエピソードはこちら

旅っておもしろいなぁと思えるのが、いい出会いをした時です。
またどっか行きたいなぁ~(≧v≦)♪

ラダックの旅からちょうど一年。
こうやって写真展をするなんてえらいなぁ!
私もそろそろ。。。(予定はないですが)

よかったら行ってみてください♪
期間は7/24(土)~8/1(日)、場所は川崎市中原区のカフェのようです。
詳しくはココ

   

ショック

2010.07.16

くだらないけど。
今日ショックなことに気付いた。

応募やら抽選やら絶対当たらないだろうと今まで何一つしてこなかった私が、初めてやってみようと思えるキャンペーンに出会った。

良く切れる?らしい包丁を安くGET出来ると(抽選ではない)。
毎日料理するくせにニトリの900円くらいの包丁だからなぁ。

一家に一つ、いい包丁があってもいいだろうとシールを集め始めた。
こつこつこつこつスーパーに通い続けて。。。
目標の20枚達成!

あとはシールと商品を交換しに行くだけ♪

で、のん気にしてたら。。。

過ぎてるーーーっ(゚◇゚)!!!ガーン

kitchen-knife

  
私のあの日々を返してぇ~(T◇T)!

って自分が悪いね…
包丁ほしかった(´;_;`)

    

家族旅行 後編

2010.07.13

家族旅行2日目♪♪
あいにくの曇り空だったけど角島へ。
ここまで天気悪くても海が青いって、晴れだったら相当青いと思います。
中国地方観光の穴場!
  
tsunoshima1

  
子供が喜ぶと思って連れて来たら、やっぱ大はしゃぎ。
私も負けじとカメラ持って追いかけたけど、二徹の体に真昼間の日差しは辛かった(x ω x)
ただでえ夜人間なもので。。。

   
お次は津和野へ。
車中ぐったり。
けど次は電車おたくのお兄ちゃんを喜ばせなくちゃ!

津和野は今でもSLが現役で走っているのです。
山間の静かな田舎町で、町の造りもどこか古めかしい感じがします。

  
sl-kifujin

  
去年か一昨年か、一回だけ来た事があります。
これは私が案内することになりそうだ、と思っていたらやはりそこは電車おたく。
SLについてはもちろん、津和野のこともよ~く知ってました。逆に私が案内されちゃって。

町に着くなり「こっちだ」と連れて行かれたのはSLの回転台。
津和野駅は終点のため、SLはここで向きを変えて来た道を戻っていきます。
こんなとこ知らなかったと思っていると、回転台周辺にはいるわいるわ電車おたくのカメラマンたち。
きっと津和野にSLを見に来るなら当たり前の撮影スポットだったんですね。。。
みんな構える場所も構え方も一緒。目をキラキラさせて☆
SLが走ってくる瞬間バシバシバシバシバシバシバシバシヽ(;゜0゜)// 超連写。
おもしろー。

  
sl-pony

  
でもなんか以前私が見たものより小さい?汽笛の迫力もないぞ?
するとお兄ちゃんは
「お前が前見たのは通称“貴婦人”。これは通称“ポニー”と言って、車体の大きさも汽笛も違うんだよ。」
なんじゃそれーヾ(゚Д゚)ノ
というか、津和野にいきなり来ることになったのに、いつからそんなこと知っていたのか。
お兄ちゃんはその後もあれこれSLについて語っていたけど私にはさっぱり意味不明。

自分の撮った電車のフォトアルバムを見せてはこれはああだこうだと熱く語り、素人からしたらどう見ても同じ車体の写真も、「雪の付き方が違うっ!」と豪語する。
まさにおたくの世界。話を聞いてて関心するほどです。
言い方は悪いけど私変人好きです。

  
話が脱線しました。永遠電車おたくについて書いてしまいそうです。。。
SLを見た後は太鼓谷稲成神社へ。
日本五大稲荷神社の一つに数えられる雰囲気のある神社。

  
taikodani-inari-jinjya1

taikodani-inari-jinjya2

  
未だにこの階段全部下りたことないです(´‐ω‐)=з

神社の麓辺りに古いお蕎麦屋さん発見。
お腹もすいていたので遅い昼食を取ることに。
どこか懐かしい味のあるお店でした。
  

tsuwano1

  
落ち着きなくお店やお蕎麦の写真を撮るお兄ちゃんと私にお母さんはお疲れモード。
昨日からずっとこの調子だからね。。。
「いい加減にして」と叱られる(TωT)
そうですよね、さっさと食べろと。

   
tsuwano-saba tsuwano-inari

  
ちゃんと食べましたよ。
津和野蕎麦と有名な津和野いなり。
お蕎麦には名産の?ゆずの皮が入ってました。いなりはかなり大きかったです。

 

どっぷり疲れて帰ったら爆睡しました。
でも本当に楽しかった♪
家族で集まってこうやって旅行したのは15年ぶりくらい。
歳を取ったからなのか、家族旅行ってこんなに楽しいものなのかと思いました☆