Photo Blog ブログ

人と自然

2017.04.07

今月のカレンダー写真。10年前にチベット本土で撮った写真です。
西チベットの聖地カイラス山に向かうには王道の南ルートと、標高4,500mを下回ることのないチャンタン高原を横断する北ルートがあります。
北ルートを選択する人はほとんどいません。道もあってないようなもの、5,000mの大地は砂漠のように乾燥し、生き物が生存するにはとても厳しい場所です。ミイラ化した動物を何度も見ました。
しかし、こういうところにも人は住んでいるんですよね。背中に水だけを背負って広大な大地にポツンと居たり…。「この人、一体どこから歩いて来てどこまで行くつもり!?」と気が遠くなるような光景でした。
北ルートは南ルートに比べて湖の数が多いのも特徴でした。そのほとんどが綺麗な青色の塩湖で、塩分の塊が氷河のように湖畔に積もっていました。
この水はそのまま飲料水には出来ませんが、湖畔にはかろうじて草が生えていました。遊牧民たちは牧草を求めて、或いは塩の採取のために、春になるとここに移動して来るそうです。
写真は水を背負って家畜を追う遊牧民の姿です。自然もですけど、人間も、すごいです。


チャンタン高原の遊牧民


また見たい風景

2017.03.03

今月のカレンダー写真。イエメンのハッジャ県。
山岳部は強風の影響で午後になると雲がかかります。この日も移動中天候が崩れ始め、標高3,000m地点で、雲を眼下に見るという不思議な光景。
流れの速い雲の切れ間から一瞬段々畑と集落が見えました。その時の一枚です。

傾斜の強い山頂の斜面から、深い谷底まで延々と続く段々畑は壮観でした。何世代にも渡って知恵と努力で築かれた畑と集落とその暮らしは、不便だからと簡単には捨てられないもの。

夏になるとこの風景は緑一色に染まるのだそうです。また夏に来るねと話をしたのを思い出します。残念ながら、ここを訪れた直後からイエメンには退避勧告が出され今に至ります。
いつかまた訪れることができますように。


イエメンのハッジャ県の段々畑


どんな人生なのだろう

2017.02.01

2月のカレンダー写真。西チベットのカン・リンポチェ(カイラス)。
岩山の向こうにはカン・リンポチェという聖山があります。
チベット仏教やヒンドゥー教などの最高聖地で、遠くから来た巡礼者がこの山の周囲52kmを時計回りにぐるぐる回ります。
巡礼路は4,500mから始まり、6,000m近い峠を超えます。徒歩です。少し歩けば息がゼイゼイなります。もちろん巡礼の途中で高山病になったり、亡くなる方もいます。この場所に来るまでも、相当な時間がかかります。命がけの、そして、夢のような巡礼です。

写真はそんな巡礼路での一枚。巡礼路には3ヶ所のお寺と、テントや民家を合わせて数ヶ所休める場所があります。ここは歩き始めて1/4くらいの地点。民家が営む小さな茶屋と、休んでいる巡礼グループが見えます。これからの巡礼の道のりと、じわじわと見えて来るカン・リンポチェに気持ちが高ぶっている時です。
12年前、この民家にはある家族が住んでいました。たまに訪れる巡礼者にお茶を出して、体を休めてもらって、巡礼に送り出していました。
周りは月面のような世界。カン・リンポチェの側で生きる人生。すごすぎです。


カイラスの巡礼路


レー

2017.01.07

2017年1月のカレンダー写真。
かつてのラダック王国の首都レー。現在はインドに属しています。興味がある方はぜひ地図で見てみてください。ここもインドなの?ってくらい北のきわのきわにあります。
そして、ヒマラヤ山脈真っ只中。レーの標高は3,500m、周囲には6,000m級の山々が連なっています。

写真はお寺と砦跡が建つ山頂から撮ったレーの街並み。小高い山ですが傾斜がきつく、歩いて登ると結構心臓がバクバクですwでもここからの眺めは大好きで、ラダックに行く度に登っています。
すごいところに住んでるなーとただ単純に感動。
余談ですが標高高いところ好きなクセに高所恐怖症の私。風が強く足場の狭いこのようなところに立つのは必死ですw


ラダックのレー


残りわずか

2016.12.16

約1ヶ月待ちでやっとMacBookPro届きました。iMacと合わせて慣らしている最中です。
自分への誕生日プレゼント、いや投資。。。
これで写真の授業も自分のPCで出来るし、出張でも仕事出来るし、息子の面倒や家事をしながら仕事が出来る♪

ところで!
2017年度卓上カレンダーも残り30個となりました。
あ、忘れてた!という方、今ならまだ間に合いますよ~

Calendar 2017


macbookpro


1 / 512345