Photo Blog ブログ

話をするということ

2019.12.05

徳島大学の哲学を専門にされている教授を取材させていただきました。教授は“対話”に関する本などの著書を出されていて、部屋を囲う本棚には哲学や心理学の国内外の本がずらーーーっと。

心に残ったお話があります。

教授は、対話をする時は感情のスイッチをオフにするそうです。相手が怒っても、自分は絶対怒らない。「まあまあ」となだめてどこに腹を立てたのか聞く。怒りは怒りを呼んで悪循環になる。
話をするということは、相手を打倒するのではなく、一緒に答えを探すことだと。喧嘩になったら力が強い方が勝つ。権力を持っている方が勝つ。


山口先生のお話を聞きながら、もはや精神的な、心の在り方のように感じました。そして、ここは私ならではですが、チベットや、ダライ・ラマのことを思い出しました。人類みなこういう考えだと平和なのにな。
『対話は勝ち負けではない。人間関係をつくる手段』
相手に寄り添って、いい方向に向かう努力をしたいものです。

続きはJA発行『地上』1月号にて☆



カイマック

2019.10.30

遊牧民のご馳走、“カイマック”ってご存知でしょうか?
搾りたてのミルクを一度沸騰させて、火から外して一晩置いておくと、表面に湯葉のような膜ができて、トロトロの生クリームみたいなものが出来上がります。



臭みもなく、濃厚で激ウマです。パンにつけてグラニュー糖振って食べたら最高です。ミルクティーに溶かして飲んでもやばいです。
毎朝どんぶり一杯(一人で)平らげていました。みんなとの別れも寂しかったけど、カイマックとの別れも悲しかったw
日本の市販の牛乳で作ったらどうなるんだろう?



欠航

2019.10.22

私の予約しているモンゴル国内線が、機体がない、という理由でキャンセルになりました。飛行機がないって、、、
数日前に連絡あっただけ良心的かなw
モンゴル、人も何もかも、マイペースです。



イシという灯明

2019.09.23

友人が念願の本を出版しました。
焼身自殺で命を失ったチベット青年の思いを形にした本。

著者の友人とは、西チベットのカイラスにも一緒に行ったり、亡命チベット人の手紙をラサにいる身内に届けたり、いろいろな現場を共にしてきました。
自由のない生活を強いられ、会いたい人にも会えず、涙を流すチベット人に、二人で言葉を失ったこともあった。あの時の思いは本当に忘れられない。
だけど、友人はその後も焼身自殺をした青年の足跡を追う中で、もっとたくさんの涙を目にしてきた。それがこうして一冊の本になった。

人としての自由を訴え、自らに火をつけ、世界に助けを求めたチベット人たち。なのに彼らの生活は何も変わらない。世界は中国のやっていることを変えられない…
もっとチベットのことを知ってほしい。
みなさん、ぜひ読んでみてください。私も昨日手にしたばかりなので、これから丁寧に読みたいと思います!



LINE@ 松尾純オフィシャル

2019.09.16

LINE@はじめてみました。松尾純のオフィシャルラインです。



私が講師を務める写真教室や、ツアーの紹介、メディア掲載やイベントの情報などをチラチラと発信していこうと思います。
写真を学んでみたいと思っている方、興味がある方、無料ですのでお気軽にお友だち登録してみてください。
小規模スタートです。私とやりとりもできますのでぜひ☆
以下のQRコード読み込んでもいいし、画像保存してLINEからお友だち登録してもらってもOKです!



1 / 1312345...10...»»