Photo Blog ブログ

偶然の再会

2018.08.02

今月のカレンダー写真。反省して早めにw
カザフ遊牧民たちの多くは、年に4回、季節に合わせて住居を移動します。家畜の新たな牧草のためです。その中でも、春の移動は最も大変だと聞きました。春の移動とはいえ、時期的には2月後半からですし、積雪もあり、冬を越して家畜が痩せているので、移動中死なないように気を遣うからです。

写真の遊牧民ですが、5月のカレンダー写真に写っている人です。その時はまだ、彼らは移動の始まりでした。一旦別れ、私は春営地のダヤン湖へ。取材した後に引き返していたら、偶然再会しました。ダヤン湖まで、道が通っているわけではありません。どの谷や丘を越えて来るか分からない中でこうして再会できた。雪景色の中からじわじわと、家畜の大群と彼らが姿を現した時は、興奮して車を飛び降り、カメラ持って走リましたw
そんな一枚です☆



遊牧民への手紙

2017.07.19

遊牧民には直接手紙を届けられない。
まずはモンゴルの首都ウランバートルの知人に送り、
知人に1,650km西の土地に住んでいるドライバーに送ってもらい、
ドライバーに遠征の仕事が入った時に、もし同じルートを辿るなら、遊牧民にこの手紙と写真を届けてもらう。
という約束をしていた。
でも年に4回住居を変え移動する遊牧民。いつどこにいるか、会えるか、それは運次第。
どうか、お世話になった人たちに写真が届きますように☆


遊牧民への手紙


バヤン・ウルギー

2017.06.22

帰国して3ヶ月。モンゴルの写真をホームページにUPしました。
モンゴル最西部のバヤン・ウルギー県は15年ぶりの再訪でしたが、今回はじっくり鷲匠を取材するためでした。
鷲匠は冬にハンティングをします。そのため、どうしても積雪のあるうちに行きたかった。
もちろん鷲匠のお宅に泊まり込んで密着しましたが、道中で偶然にもカザフ遊牧民の春の移動に遭遇。
そちらにもみっちり同行して満足の旅でした。
写真を見ていると話の内容が知りたくなるはず。
そちらも近々に発表予定です。お楽しみに〜。

モンゴル(バヤン・ウルギー県)2017

モンゴルの写真

 


新天地へ

2017.05.29

一週間歩いて山を越えてた人
いろいろ、、スケールが違うよね



息抜き

2017.05.17

広いなー

意識がちょっと向こう側に飛んでった。
息抜きは必要。してばっかだけどw


広い大地


1 / 712345...»»