Photo Blog ブログ

大切な場所

2016.12.02

2016年最後のカレンダー写真。西チベットにある聖山カイラスです。
チベット仏教、ヒンドゥー教などの最高聖地で、多くの巡礼者がやって来て山の周囲52kmの巡礼路を何周も回ります。52kmってそれほどの距離では、と思うかもしれませんが、標高4,700mからスタートし、巡礼路の最大の難関は5,600mの峠を越えます。これを歩いてですからね、きついです。私も2回ほど行きましたが、巡礼路で亡くなってしまう方もいました。
なぜ回るのか。彼らはそれによって、現世の罪を洗い流し、より良い来世を迎えられると信じているからです。
写真はカイラスの北壁。山を真っ二つに割ったような絶壁がそそり立っていました。これまでで私が一番感動した場所です。


チベットのカイラス山


未知への高鳴り

2016.12.01

JA発行『地上』1月号。カラーグラフ“恋農age”の撮影をさせて頂きました。
鼻筋の通ったきれいな方でした。かっこよくて、でも口にする言葉はとても自然体で、素敵な人でした。

ISO3200では太刀打ちできない薄暗い牛舎での動きのある撮影。毎度この取材は自分との闘いです。就農した女性たちもそうであるように。
ぜひご覧になってみてください。お近くのJAで☆


tijyou_201612_2


念願の発表

2016.11.29

本日発売。『サンデー毎日』の巻頭グラビアに写真・文を掲載しています。
57年前、ダライ・ラマ法王14世が中国からインドに亡命した際に初めて心身を休めた地、インド・アルナーチャルについて書いています。

去年この亡命ルートを遡る形で旅し、やっと形にすることができました。中印の国境紛争地であるなど外交上の理由で、発表するには難しい道のりでした。
今月法王が来日されたことに合わせやっと、です。

ぜひ、ご覧になってみてください。全国書店にて!


アルナーチャルのタワン僧院


そういえば

2016.11.28

すごい方の表紙写真に選ばれた。
浅見光彦シリーズ好きです。


津和野殺人事件


眠気

2016.11.12

丸一日ハードな取材撮影終えて翌日って力が入らない。
集中できない、眠い…
この際、昼寝してやろうか、はたまた
いちゃいちゃしに行ったろうか


眠気


1 / 14212345...102030...»»